読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんてる’s diary

インプットした内容のアウトプット先。備忘録。

【もやっと】これが日本人か

 
今日、仕事が終わって。
 
電車でたまたま優先席が空いて、たまには座ろうかなと。だいぶ動けるようになったけど、まだ一応手術後だし。
 
で、座ってぼーっとしてたんですよ。
 
ある駅で止まって、人が乗ってきたなーって思っていたら、隣の年配の外国人の方が席を譲り出した。
 
誰相手かな?
と思ったら松葉杖の人がいて。
 
おお、そりゃいかんと思って、自分が譲ろうとすると、ニーチャンイイヨ、座っておきなって言われて。
 
まあ、先にゆずられてしまったのなら、仕方ないのかなと思って、ありがとうって座ってたんですよ。
 
したら、その後に落ち着いた口調でお叱りを受けまして。
 
内容を簡単に言うと。
 
若い人が優先席に座ってて、何をしてるんだ。
優先席のマーク見えてるのか。頭ついてる?
あなたは社会人か?
だとしたらあなたの会社はシンジラレナイね。
 
と。
 
や、たしかに。
言い返せませんがさ。
 
松葉杖の動き回ってる人と、盲腸だけど手術した後で、派手な運動するな程度には言われてる人ってそんなに違いあるのかな?って。
見えてるか、見えてないかだと思ってしまったんですよ、要するに。
(※自分勝手だと思うかは、自由です。)
 
けど、これを言ったところで言い訳でしかないなとも思った。
 
思ってしまった。
 
さらに言うと、その外国人の方は、言った後は興味ない。みたいにそっぽを向いてタブレットをいじっていたので、反論する気が削がれてしまったのもある。
 
これ、言い返さなかったのは日本人だからかな、だとしたら損してる日本人、とか考えていたら最寄駅に着いたので電車を降りたのですが。
 
全然言いたいことまとまってないのですが、単純に今回悪いのは私でしょう。
なんせ、若い中で優先席を座り、松葉杖の人に対して譲らなかったのですから。
 
そして、外国人の方が言うように、日本人は席を譲ることを率先してやっていないのが実情でしょう。行動の速さで言ったら、海外の人とはスピードが違いますが。(声をかける範囲だったりね。)
 
でもまあ、中にはそういう見えないところで優先席にあやかりたい人もいるんだってことをね。言い訳がましいけど言いたかった。
 
で、これを直接相手に言えなかったこと自体がもやっと。
 
とりあえず、明日からは立って帰ろうかなと。座るとしても、普通席。
 
おわり。