読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読了】【ロバート・A・ハインライン著】夏への扉

小説

※簡単に内容に触れるので、まだ読まれてない方はご注意を。

一時期読み始めて中断していたが、ここ最近になってまた読み進めていた。

このお話は、ある技術者がコールドスリープとタイムトラベルを使って、より良い方向へ人生を進めていく物語である。

こんな風に簡単に聞くと、実にSFとしてはありがちな内容に思えるかもしれないが、面白い。

ねこを飼っている身としては、最初にピートがコールドスリープから置いて行かれた時に悲しみに包まれたが、主人公であるダンは挫けず、コールドスリープから目覚めた30年後の世界で奮闘した。

結果、彼自身が持つ機転と技術力、時間(この物語で時間というと単純に計れないのだが)で、人生をやり直した。

これは、ハッピーエンドである。

だが、タイムトラベル物のよくある話として、時間旅行をすることでパラドックスが起きてしまうため、同じ世界には辿り着けないというものがある。

と言うことは、そのような世界が複数存在しているということは、どこかで失敗してしまう世界もあったに違いない。

その場合、ダンはどのように生きたのか、など。あとから何度でも楽しめるのがまたこういう話の良いところである。

こんな小説にまた巡り会いたいなあ。

おわり。