読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんてる’s diary

インプットした内容のアウトプット先。備忘録。

【投資】【ビットコイン】coincheckでんきを申し込んでみた。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

◇coincheckでんきに申し込んでみました!◇

さて、久々の更新ですが今までのジャンルとは異なるカテゴリです。

 

一人暮らしを始めて暫く経つのですが。

家賃やらなんやら結構かかるものはかかると。。。

 

その時に、どこかお手軽に見直せる部分はないのかなーと。

 

もちろん、携帯キャリアを格安に変えるとか。

保険を見直せばーとか。

 

たっくさん見直す箇所ってあると思うんですけど。

 

興味がある分野から、やっていきたいですよね。

 

 

 

いま、私が興味ある分野はビットコインです。

f:id:inntel12:20170220223436p:plain

 

色々話題になっているので、ご存知な方がほとんどかと思います。

 

こちらについて、組み合わせるかつ簡単に(笑)申し込みできる何かはないかなと。

 

去年の段階ですが、少し話題になっているものがありました。

そう、電気代をビットコインにて支払いを開始するというニュースです!

 

まず、こちらを利用するためにはcoincheckへ登録が必要となります。

その他、条件として3つあります。

 

・coincheckで本人確認を事前にする必要がある
・提供エリアは東京電力中部電力関西電力の圏内
・申し込み後プランの変更はできない

 

第1条件について、そこまで手間がかかるわけではないので、 興味がわいたらぜひ登録してみてくださいね。

↓こちらから登録できます( ̄▽ ̄)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

今回申し込みをしたcoincheckでんきですが、簡単に言うとプランは2つあります。

ビットコイン付与プラン

月々の電気料金を支払う際に、普段の料金と同一ながら、数%をビットコインとして還元してくれるプランです。

今までより安い上に、還元までしてくれるなんて、得しかないですね。

 

ビットコイン決済プラン

月々の電気料金を全てビットコインで決済する、というプランです。

月々の料金は、数%安くなっている形なので一番安く済ませる、またはビットコインとともに生活をしていきたい人にはオススメなプランでしょうか。

 

今回、私はビットコインも欲しいですし、ビットコイン付与プランにて申請をしてみました。

 

それでは、お待たせしました。

実際に申請してみたので、何をどうすればお得なことになるのかを書いていきましょう。

 

 

01.本人登録を行う

私の場合、ビットコインの取引を行うためにすでに本人登録を行っていたので、こちらは全く問題なかったのですが、していない方はそこからやりましょう。

 

身分証の提出をすれば問題なく審査は通ると思います。ただ、最近取引がどんどん増えているので、早めの登録が望ましいかと思います。

(近いうちに、本人登録したときの記事も書けたらなあと・・・まあ、今はたくさん書いている人がいると思うので、そちらを今は探して見てみてくださいね。)

 

2.ログイン画面から『でんき』を選択

f:id:inntel12:20170220231111j:plain

 

3.プランの概要説明と、申請の流れについて

先ほど説明したプランについて、簡単に記載されています。

f:id:inntel12:20170220231853j:plain

先ほどは、還元率について数%と記載させていただきましたが、プランによって異なります!普段の検針票を確認して、適正なプランを選びましょうね。

 

その少し下に、申請の流れについて記載があります。

ポイントかなと思う場所を赤枠にて囲いました。

f:id:inntel12:20170220232334j:plain

 

私の場合は、すでに本人確認済みだったので、上記のようなチェックがすでに出ていますね。

 

また、現在の電気会社から毎月届いている検針票が必要となります。

手元に用意しておきましょう。

 

検針票の読み方はこちらからどうぞ。

 

最後に、注意事項をよく読んでから、『ENSに移動して手続きを行う』をクリックします。

f:id:inntel12:20170220234554j:plain

 

4.ENSにて必要事項を記入

 ここで、03.にて記載した検針票が必要となります。

必要な情報を箇条書きにしました。

 

・お客様番号     右側の切り離し部分に記載。

・供給地点特定番号  一番左上に、地点番号と記載。

・契約種別      真ん中少し上に、契約内容として記載。

 

番号系はすべて、ハイフン(-)は省いて記入してください。

また、その他の項目で使用する中で記載するときの注意としては、郵便番号のみハイフンは必要で、住所の番地・部屋番号は全角文字を使用してください。

 

そして、カメラで検針票を撮影し、アップロードします。

これは、入力内容との差違が無いかを確認するための作業でしょう。

(携帯から私は申請したのですが、そちらの方が写真をどこかにあげて・・・とやるよりも、簡単かもしれません。)

 

5.登録内容の確認

フォーマットとして問題ない形で記入ができたら、確認画面となります。

そのまま、申し込みをすると、クレジットカードの情報登録を実施します。 

 

6.完了連絡

クレジットカードの登録が完了しますと、登録したアドレスに連絡が来ます。

一応、間違っていないかを確認の上、供給開始までの流れという項目があったので、こちらに転載します。

============================================================
[2]供給開始までの流れ
============================================================

お客様のお申込み内容により、現在の電力会社による小売供給の廃止代行手続きを弊社にて進めさせて頂きます。
同時に弊社による新たな小売供給の手続きを送配電事業者との間で行います。
送配電事業者側での標準的な処理期間を経過後(通常5日程度、場合により14日程度かかります。)、お客様に供給開始予定日(スイッチング予定日)の連絡を入れさせて頂きます。
供給開始日の到来と同時に弊社による電力供給がスタート致します。

 

 

 

さて、いかがだったでしょうか。

本人確認さえ完了していれば、何かの会員登録するのと変わらない手間でできてしまいました。

 

これだけ簡単だったら、実家にも勧めてみようかなと思いながらも、まずは申請が通ってどうなるかですかねー。

 

それでは、また実際に運用が始まりましたら、更新とさせていただきます。

 

おわり。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin