読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんてる’s diary

インプットした内容のアウトプット先。備忘録。

【読了】トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」

とりあえず、さっくりと読める内容だったので読了報告。

 

最近、改めて金融の勉強を始めたのですが、並行してこういう本にも手を出していこうと思っています。

 

 

内容としては、そんなに濃くないです。笑

著者のスタンスが、良いところはパクろう。な人のようです。

 

そのため、随所で言われているけど、ぼんやりとしか知らなかったなーという内容を改めて読むような感覚でした。(それでも、知らない部分はあるので改めて無知は罪だなと。。。)

 

まず最初に、現在の日本の未来が暗いこと。

ここを、簡単に説明してくれている本だなあと感じました。

 

少し脱線するのですが、最近のニュースを見ていても、本当に国は良い方向に向かおうとしているのかがわからないなと。

 

どうでもいいことで国会の時間を使い。

お互いに足を引っ張り合っているだけにしか見えないな、というのが個人的な感想ではあったので、暗い方向の話が出てくるとそれも納得だなとしか思わなかったです。

 

そんな暗い話が続いていくと。

 

日本の将来ってどうなるんだろう?

 

こんな疑問がわいてくるのですが、あなたならどうしますか?

 

自分は貯金とか定期預金とか。

何かしら運用している上に、保険にも入っているし大丈夫。と考えていたりするのでしょうか。

 

では、その貯金とか定期預金に使っている貨幣の価値を担保しているのはどこでしょうか。

 

です。日本です。

 

その国がやばいですよ、と話しているのが前半部分になります。

どれほどやばいかと言うと、敗戦直後の預金封鎖が発生した時と同じ、現在ではそれ以上にまずい状況に陥っています。

 

預金封鎖については、ダイヤモンドオンラインで当時の経緯を含めた内容が、漫画にて解説されているので、読んでみると取っ掛かりとしては良いかと思います。

 


 

。。。

 

さて、読まれましたでしょうか。

ちょうど気になる、良いところで終わっていたかと思います。笑

 

しかし、戦後の話でしょ。と高を括って終わりにする話ではなくなってきていることはご理解いただけたかと思います。

 

でも、一般人の自分たちがどうしろというのか。。。

そんな声が聞こえてきそうです。

 

対策は簡単です。

 

学べばいいのです。

 

何を?

 

正しい金融リテラシーをです。

 

世の中には、日本人として環境に甘んじているだけでは知り得ない情報があふれかえっています。

 

それらを活用することで、暗い日本の将来へ対策し、いざという時にああ良かった。と思えるようにしておく必要があります。

 

もし、その方法について知りたい場合は、この記事にコメントの上、プロフィールのアドレスへご連絡ください。

(基本、都内にて活動しているため都内に絞らせていただきます。)

 

早く、行動しないと日本という負債国家と共に沈む・・・かもしれません笑。

 

おわり。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin